女の人

社会保険労務士の講座を受ける┃様々な手続きの知識が身につく

企業に欠かせない職業

勉学

何をする人か

社会保険労務士という仕事をご存知でしょうか。通常会社勤めをしているサラリーマンは、ほとんどの場合社会保険や労働保険などに加入しており、月々保険料が引かれ、何かあったときには身が保障されるような制度に関わっています。社会保険労務士は、そのような社会保障制度に携わり、企業に変わって管理するスペシャリストです。例えば、残業代の不払いやセクハラによる訴えなど、労働環境では様々なトラブルが発生します。そうしたトラブルを社内で解決するため、社会保険労務士の介入が求められることもあります。それだけでなく、病気や怪我をしたときに保険料支給の手続きや、退職するときの手続きなどの知識も豊富に持っており、まさに企業にとっては欠かせない存在であると言えます。

資格を取るためには

そのような社会保険労務士になるためには、資格を取る必要があります。帳簿の作成方法や申請書の書き方など様々な知識を得なければならず、資格の難易度はかなり高いと言われています。しかく資格を取り、個人事業を立ち上げるなどすれば、十分な年収も確保できるため、社会保険労務士は現在人気を博している資格の一つです。そして、社会保険労務士の資格を取るためにおすすめなのが、通信講座です。通信講座では、学校などに通う必要がなく、自分の好きなときにペースを乱さず勉強をすることが出来ます。また、通信講座であっても分からないところなどはネットなどで講師に質問出来る制度もあるため、常に講師がいないという状況でも安心です。通信講座を利用して工夫して勉強をし、社会保険労務士の資格取得を目指しましょう。

今からでも学べる

パソコンを触る人

専門学校の中には「通信制」という選択肢があります。通信制は通学とは異なり、自宅で学びを進める方法です。主婦層にも人気が高まっており、育児で社会から離れていた時期がある方でも新しい資格の取得を目指す事ができます。

詳しくはこちら

楽しく学習できる通信教育

タブレットを持つ女の子

スマイルゼミはオリジナルの専用タブレットで学習をする人気の通信教育です。特に中学生コースでは、定期テスト対策が充実していて内申点アップにつながると評判になっています。タブレットは子供の利用状況を親が気を付けて見守ることが必要ですが、スマイルゼミには見守りシステムやサポートパックがあるので安心です。

詳しくはこちら

大学受験に合格するために

ペンと用紙

大学受験のなかで重要な科目のひとつである小論文の実力を着実に伸ばしたいのであれば通信教育の小論文講座を受講して添削をしてもらうべきです。また、返ってきた答案をしっかりと消化することが大切ですから、まずは数を絞ってみることから始めてみるといいでしょう。

詳しくはこちら